「完売クイーン」は、恋愛上手

私は、デパートで食品を売る、実演販売のアルバイトをしていたことがあります。
なんでも在庫完売させてしまうので、「完売クイーン」と、呼ばれていました。
売りたいものは、全部を陳列せず、半分以上を裏に隠す、それがコツです。


「たいへん口あたりのいい、オーストラリアの白ワイン・キャンティが入荷いたしました」
そ知らぬ顔で、目的のお買い物にいそしんでいる人たちが、私の呼びかけを半分、聞きながら、早足で通り過ぎようとします。そのとき、こう言います。
「こちらの商品、たいへん人気で、先週も、早い時間に完売してしまいました。もうあとちょっとしかございません」
「完売」と言っただけで、みんなの首がいっせいに「ざっ」と、ワインの方を向きます。
立ち止まれば、こっちのもの。「ひとりで5本まとめ買いした、お客さんがいた」
「売っていない日も、問い合わせが来る」と、人気をアピールすると、他の人の動きが気になる日本人ですから、
買わない自分が遅れをとっているような気がして、あせりだします。もうすぐなくなってしまうという、不安感も手伝い「買った!」。
あとは、売れたぶんだけ、奥から補充します。

これは恋愛にも応用できます。

「私ってなんか、モテるの」
「今も遠距離恋愛の彼氏が、アメリカにいる」
デートに誘われ過ぎて困ってる」
と、いう具合に、ひたすらモテるフリをすれば、いいのです。
目当ての男子と一緒にいるときも、他の男子からメールが来たフリ、着信があったフリをすると、あなたの価値はいっきょに倍増します。

年の差を気にする男子には、「元カレも、あなたと同い年だった」、
「そんなことに抵抗しめすような人、今はあんまり、いなくなったよね」なんて言い続けていれば、「そんなもんかな」と、安心します。



参考:

「私、彼に浮気されてるみたい」

多くは語りません。泣きもしません。ただ静かに、現実を受け入れようとしている、おとなの女。それがあなたです。
浮気されてる女。なんだか、さびしそう。
男にとって、これほど「そそる」ものはありません。告白の日には、ちょっ

とセクシーに見える洋服を選びましょう。
大胆に迫ったりしても、大丈夫です。
接近したふたり。あなたに近づいたとき、彼は「レイニームスク」の香りがする、と、ひとりごと。
「私も普段、使ってたの。哀しいことが多すぎたから」
ジュン君はもはや、あなたの言いなりです。

ハンターの照準は、彼の頭脳を撃ち抜きます。

このくらい女優になって、恋を楽しみましょう。獲物の男子を、あなたの創作した物語に、引きずり込んでください。
そうすればつなぎがいつしか彼女に昇格します。

またしても、一撃必殺ワザの登場です。
これは、実際の成功例です。私の友人のお話です。
知り合った妬歳の彼は、1年つきあった恋人と別れ、失意のどん底であえいでいました。

失恋の痛みをいやしてあげようと、鋤歳のおねえさまが、盛んに、彼をデー卜に誘います。
彼は、気のおけない友だちである、おねえさまと楽しく時間を過ごしている
うちに、だんだん元気になってきました。
彼女は思い切って、彼に告白しました。
「あたしたち、つきあおうか」
彼は「えっ」と言ったまま、返事ができません。

彼女は、笑顔で言いました。
「次の彼女ができるまでの、つなぎでいいからさ。つきあっちゃおう」
彼と彼女は、つきあいはじめました。

3年前の出来事です。
ふたりは、今も交際しています。
彼は、「次の彼女?そんな話、したつけ」と、笑っています。
先週私は、「交際3周年記念」の、プリザーブドフラワーを、ふたりに贈りました。


参考:

彼女とケンカ中

彼女とケンカ中の、ジュン君。あなたが出会った、獲物です。
とにかく親身になって、話を聞いてあげましょう。くれぐれも、愚痴を聞い
ているときに、一緒になって彼女のことを悪く言わないように。
話を聞く場所は、あなたがセッティングしてあげましょう。
話しやすい場所を選んだように見せかけ、お酒が飲める、薄暗い場所へ案内します。おいしいお酒とお料理で、彼を心地よくしてあげてください。
長居はせず、バツと切り上げます。帰り際、ちいさく包んだ「おみやげ」を、渡しておきます。
あなたが、普段、インセンスで気分転換していることや、たくさん種類があって、
詳しくなったので、彼のために、選んだのだということを、さりげなく伝えて。
おみやげは、「レイニームスク」。澄んだムスクの香りがします。ヒーリングイメージは、
「嫌なことを全て洗い流してくれる。爽やかな雨の香りで、本来のあなたを思い出させる」。
ジュン君は帰宅後、あなたにもらったインセンスに、火をつけます。いい香
りに包まれ、リラックスしながら、香りとあなたのイメージを重ねます。
あなたのアドバイスで、ふたりの仲が修復したとしても、あわてることはありません。

恋愛間の愚痴を、あなたに打ち明ける男子は、すでに脈アリ、なのです。
彼女との仲は、カウントダウン。あなたは銃に磨きをかけ、
他の男子とメールしたり、デートしたりしながら、悠然と構えていましょう。
そのうち、愚痴や相談がどんどん増え、彼が箸ってくれることも多くなります。

せつぱ詰まった電話が来たりします。
ジュン君は、彼女とギクシャクするたび、あなたに会いたくてたまらなくなります。
あなたと会っていない日も、インセンスであなたを思い出しています。

出典元:

あなたが定期的にデートしたいと願う

あなたが知り合った定期的にデートしたいと願う、素敵な年下男子・ジュン君。
しかし彼には、同い年の彼女がいました。
実はこれ、狙い目なんです。
彼女の話さえしていれば、彼はあなたにバリアを立てていると思い、安心して接触します。
「ねえ今度、すっごい面白い作品展があるから、一緒に行かない?」
あなたがそういうふうに誘っても、デートだとは思わずに、ジュン君は乗ってきます。
そうやって、どこかへ一緒に行く回数を、増やしてゆきます。
いつも彼女の話さえしていれば、いいのです。あなたも彼氏がいるフリをしておきましょう

そのうち、ジュン君の彼女を紹介してもらいましょう。女のカンは鋭いので、
あまり彼女には近づかないほうがよろしい。
「すてきな彼女じゃない」と、褒めておきます。なにかあったときには、
相談に乗るよというひとことも、忘れずに。

どんなに仲がいいふたりでも、ケンカをしないカップルはいません。うまく
いかなくなったとき、ジュン君はあなたに、本当に相談を持ちかけてきます。
そのときは、ふたりで飲みに行きましょう。彼女をネタにして、急接近するわけです。

ほら、夢が叶ったでしよ?
あなたはジュン君と、たくさんデートがしたかった。そうですよね?

それ以上を望む場合は、次のステップへどうぞ。

いつからか、それを恋だと錯覚しはじめます。
彼は、あなたと交際中の彼氏(すでに、いることになっていますよね)がうまくいっているのか、気になって、聞いてきたりします。
ここで、一撃必殺ワザの登場です。

出典:

バカなデートの誘いには一喝

「ねえ、今度の日曜ヒマ?」

出会った相手から、あるときデートのお誘い電話。「ヒマ?」と聞かれて、ムッとしないおとなはいません。
「ヒマじゃないけど、なんで?」
「ん-、そっか、ヒマじゃないんだ」(機嫌悪いな、電話のタイミング、間違えたかな?)
「だからなんなの?」(誘いたいなら、きちんと誘いなさいよ)
「いや、やっぱり、いいや」(おつかれぇなあ)
「用事があって電話したんじゃないの?」(なんでやめるのよ?会いたいのに!)
「また、今度にするよ」(もういやだ、早く切りたい)
「ちょっと待ちなさいよ!」

「……」(ガチャッ)

こういうすれ違いは、よくあることです。
「ねえ、ヒマ?」が許されるのは、いつ頃まででしょうか。鋤歳を過ぎると、
言葉は人生を背負って来ます。まだそんな誘い方をしていたとしたら、ろくな
仕事をしていない男だと思います。

「ねえ、今度の日曜ヒマ?」
と、言われてムッとしたら、「少し上から目線」で、返事をしましょう。女王
様になった気分で。

「ヒマにしてあげてもいいよ」
あなたは右手にムチを、左手にアメを持っています。ムチを与えたあとは、

アメのフォローも忘れずに。
「誰かさんのためなら、いつでも空けちゃう」
「マジで?じゃあ一緒にライブ行かない?」
「オレを連れてって」と、誘うつもりだった年下男子も、あなたに優位に立たれてしまい、
「一緒に行かない?」に、なんとなく変更。
「しかたがない、行ってやるか」
甘えが過ぎる年下男子を、ひそかに一喝した、じょうずな一例です。

参考: